NEWS

NEWS


 

 

昨年の横浜滞在中に、伊藤亜紗さんとお話ししました。ソウルModu Art Theaterで偶然聞いた、亜紗さんの講演に感動したのがきっかけです。お話は亜紗さんのサイトでご覧いただけます。


リンクはこちら >>

 

 


 

 

 

Designed by Sumire Kobayashi

 

 

WHERE MY WORDS BELONG | 翻訳できないわたしの言葉

 

 

Yuni Hong Charpe participera à l’exposition collective suivante. | ユニ・ホン・シャープは以下のグループ展に参加します。

 

 

WHERE MY WORDS BELONG | 翻訳できないわたしの言葉

 

Date | 会期 : 17 Avril – 7 Juillet, 2024 | 2024年4月17日 – 7月7日
Fermeture | 休館 : Lundi, 30 Avril, 7 Mai | 月曜日、4月30日、5月7日
Horaires | 時間 : 10:00-18:00(L’accès à la salle d’exposition se termine à 17h30 | 展示室入場は閉館の30分前まで)
Tarif | 観覧料 : Voir Info | 企画詳細をご覧ください
Venue | 会場 : Museum of Contemporary Art Tokyo | 東京都現代美術館
Artistes | アーティスト : Yuni Hong Charpe, Mayunkiki, Mai Nagumo, Hideo ARAI, KIM Insook | ユニ・ホン・シャープ、マユンキキ、南雲麻衣、新井英夫、金仁淑

 

 

Info sur l’événement  | 企画詳細 >>

 

 


 

 

YPAM Exchange – Presentation

Yuni Hong Charpe | ENCORE II -Violet (2024)

 

🕑 Tuesday, December 12, 2023

2:00 PM to 2:45 PM · 45 min. (Asia/Tokyo)

📍 Gender Equality Center Yokohama-South / 男女共同参画センター横浜南

 

*You must be registered as a professional in YPAM2023 to participate in the meeting.

 

Yuni Hong Charpe will introduce « ENCORE* II -Violet,» a new performance project. Yuni has been conducting research in Yokohama/Seoul/Kinosaki, focusing on « violence » and « healing » manifested by individuals living in contemporary society. In the new creation, « Violet,» we will rethink (post/current) colonial violence and the healing from its trauma, crossing past and present.

Through the mysterious physical and mental changes that Yuni experienced in Seoul, fieldwork in Yokohama concerning the Great Kanto Earthquake, and discussions in Kinosaki on the theme of violence, one of our attempts is to approach « healing » today as a narrator with an unstable, unknown body even to oneself rather than an objective, serene one. At YPAM Exchange, Yuni will retrace their research trip and discuss the conception of the new performance.

* « ENCORE » will be a trilogy with « Mer (2022) » as the first part.

 

INFO>>

 

 


 

 

Open Research:横浜をグラグラ歩く会(グラ会)~地震・暴力・回復~


 

🔈参加者募集🔈

オープン・リサーチ「横浜をグラグラ歩く会(グラ会)」では、横浜における在日コリアンの歴史や関東大震災、小松川事件を題材とした大江健三郎の小説『叫び声』などのテーマを念頭に、地震ルート/暴力ルート/回復ルートという未開拓のルートを仮定し、皆で相談しながら横浜の様々なスポットを歩いてみるフィールド・ワークを行います。

開発行為や都市計画を切り口にツアーパフォーマンスをつくるアーティストの山川陸をコラボレーターに迎え、神村恵(ダンサー・振付家)、権祥海(キュレーター)も、1日ずつゲストとしてリサーチへ加わります。

横浜の土地・歴史・人々への、私たち自身の先入観や態度がグラグラ揺り動かされたり、逆に揺り動かしたりしてみる実験的な試みに参加してくれる方々を募集します。

 

①2023年11月28日(火)14:00 PM – 16:00 PM
水谷基地1Fモスバーガー前 地図 神奈川県横浜市南区弘明寺町144

 

②2023年12月10日(日)10:00 AM – 12:00 AM
アートスタジオ・アイムヒア 地図 神奈川県横浜市南区弘明寺町259 GMビル2-2F
ゲスト:神村恵

 

③2023年12月15日(金)14:00 AM – 16:00 AM
アートスタジオ・アイムヒア 地図 神奈川県横浜市南区弘明寺町259 GMビル2-2F
ゲスト:権祥海

 

詳細・申込 >>

 

 


 

 

『ENCORE-Mer』について、美術・舞台芸術批評家の高嶋慈さんによるレビューがウェブマガジンartscapeに掲載されました。

KIACレジデンス・セレクション2022→23「SPA of Narratives/声と語りの浴場」:ユニ・ホン・シャープ『ENCORE-Mer』

 

 


 

 

Yuni Hong Charpe sera à Yokohama au Japon pour un mois, de fin novembre à fin decembre 2023, avec le soutien de Arts Commission Yokohama. | ユニ・ホン・シャープは、アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)フェローシップにより、2023年11月後半〜12月後半の1ヶ月間、横浜に滞在する予定です。

2023年度 ACYアーティスト・フェローシップ

 

 


 

 

Yuni Hong Charpe sera en Corée du Sud pour deux mois, de fin septembre à fin novembre 2023, avec le soutien de The Asian Cultural Council – Individual Fellowship. | ユニ・ホン・シャープは、アジアン・カルチュラル・カウンシルの支援(Individual Fellowship)により、2023年10月-11月の2ヶ月間、韓国に滞在する予定です。

Asian Cultural Council – 2023 Grantee Announcement

 

 


 

 

©︎ Tezzo Suzuki | 鈴木哲生

 

 

KIAC RESIDENCE SELECTION 2022→23「SPA of Narratives/声と語りの浴場」

 

 

Date | 会期 : Septembre 22 – 24, 2023 | 2023年9月22日 – 24日
Venue | 会場 : Kinosaki International Arts Center | 城崎国際アートセンター
Artistes | アーティスト : Masamitsu Araki, Tomoko Sato, Yuni Hong Charpe | 荒木優光、佐藤朋子、ユニ・ホン・シャープ

 

 

Info sur l’événement  | 企画詳細 >>

 

Yuni Hong Charpe présentera ENCORE-Mer (Performance, 2022). | ユニ・ホン・シャープは『ENCORE-Mer(パフォーマンス、2022)』を上演します。

Info sur la performance  | パフォーマンス詳細 >>

 

 


 

 

 

 

T-HOUSE New Balance presents art installation ANOTHER DIAGRAM
curated by TAKUYA NAKAO

 

 

Date | 会期 : Mars 31 – Mai 30, 2023 | 2023年3月31日 – 5月30日
Venue | 会場 : T-HOUSE New Balance


Horaires | 営業時間 :
Lun. Mar. 11:00 – 14:00, 15:00 – 19:00 / Weekend 11:00 – 19:00 (Fermeture : Mer. Jeu.)
月・火 11:00 – 14:00、15:00 – 19:00 / 金・土・日 11:00 – 19:00(定休日 : 水・木)

 

Curateur | キュレーション : Takuya Nakao | 中尾拓哉
Artistes | アーティスト :
Yu Araki, Ryohei Usui, Takuro Tamayama, Chinatsu Yasuhara, Yuni Hong Charpe | 
荒木悠、玉山拓郎、安原千夏、臼井良平、ユニ・ホン・シャープ

 

 

Yuni Hong Charpe présentera une version reconfigurée de “Un Match” (2017) | ユニ・ホン・シャープは《 対決 》(2017)を再構成したものを展示します。

 

Extrait vidéo de “Un Match” (2017) | 《対決》(2017)の映像はこちら >>>